top of page
  • 執筆者の写真福永 馨

体重減少効果の高い新しい糖尿病治療薬マンジャロ®のご紹介

HbA1C低下と体重減少に高い効果を持つ新しい糖尿病治療薬 持続性GIP/GLP受容体作動薬 マンジャロ®が2023年4月18日火曜日以後本邦でも処方可能となります。週1回の注射薬で、少量から開始して漸増します。低血糖を起こしにくく、食欲も抑えてくれますが、人によっては、特に初期に胃腸症状を認めることがあります。これまでの治療ではできなかったことが可能となり、適応となる方には今後の健康維持に大きく役立つ可能性を持つ薬剤です。当院にて処方可能ですので、ご興味のある方はお気軽に当院にご相談ください。

最新記事

すべて表示

年末年始の診察日変更のお知らせ

伊丹の竹中内科です。当院の2023年12月、2024年1月の年末年始診察日変更のお知らせです。12月29日(金)午前が年内最終の診察で、12月29日午後から1月4日まで休診となります。年始の診察開始は1月5日(金)からとなります。何卒よろしくお願いいたします。

糖尿病とともに生きる~糖尿病とスティグマについて~

“糖尿病”は本邦で明治時代から使われている歴史ある病名ですが、この病名を負担に感じている人が多いという報告があります。予備軍を含めると2000万人、成人の4人に1人が糖尿病という時代にもかかわらず、皆様の中にも糖尿病と診断された後に家族や社会から非難、中傷を受けた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近“負の烙印”という意味を持つ“スティグマ”という言葉を用いて、糖尿病における悪

Comments


bottom of page